ごあいさつ・企業理念(企業使命)

集合写真

沖縄ガスは総合エネルギー企業として歩み続けます

  当社は、1958年7月22日、「県民生活の向上と地域社会の発展に貢献する」ことを目的に設立されました。以来「誠実」「協調」「奉仕」の心で「地域社会の皆さまに愛される企業」を目指し「良質のガス」を「安心・安全」に「安定」してお届けするため、ひたむきに歩んで参りました。
  39世帯(那覇市の一部地域)でスタートした「都市ガス事業」は、年々成長を遂げ2020年3月末現在で69,477世帯(那覇市、浦添市、豊見城市、西原町、中城村、南風原町)にガスをお届けするまでに育ちました。
 また、1970年にスタートし、今年で40周年を迎えた「LPガス事業」も、2020年3月末現在で30,132世帯に達しております。
 これもひとえに、当社をご愛顧いただいているお客さまをはじめ、地域社会の皆さま、お取引先の皆さま、監督官庁の皆さま等、多くの方々のおかげと、心より感謝申し上げます。

 当社は「天然ガス」「LPガス」「バイオガス」「水溶性天然ガス」の4種のガスを取扱える県内唯一のエネルギー会社です。また2016年4月に「沖縄ガスニューパワー(OGNP)」を新電力大手のイーレックスさまと合弁で設立し、電力事業をスタートさせました。設立4年目の2019年度は契約電力28,370kW、販売電力量83,346,800kWhと順調に実績を伸ばしております。しかもこの電気は38.2%が再生可能エネルギー由来となっており、他社には無い優れた環境性を備えております。 
  今後多くの県民の皆さまにクリーンな電気をお届けするため、イーレックスさまや県内外の複数の企業と合弁で設立した「沖縄うるまニューエナジー株式会社」が、出力4万9000kWのバイオマス発電所を建設中です。発電所が完成する2021年度8月からは、現在の2〜3倍の電気を供給することが可能となりますのでご期待ください。 
 また、昨年8月には糸満市におきまして、浄化センターから発生するメタンガスを燃料にしたバイオマス発電を開始しました。発電した電気は、沖縄ガスニューパワーが販売するとともに、発電の際に発生する熱を近くの工場で使っていただくことにより、エネルギーを無駄なく活用することができます(コージェネレーション)。このほか県内の商業施設におきまして、本格的なエネルギーサービス事業を行っています。
 当社はこれからも「お客さまが期待するエネルギーとサービスを提供し続ける」という使命のもと、「ガス」+「電気」+「熱」+「エネルギーマネージメント」を組み合わせたエネルギーサービスを積極的に展開し、総合エネルギー企業として歩み続けて参ります。
 
引き続き地域社会の皆さまのご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      2020年4月1日
沖縄ガス株式会社
代表取締役会長 宮城諝  代表取締役社長 我那覇力蔵






(※1)コージェネレーションシステムとは
   天然ガスを燃料として発電し、その際に生じる排熱を回収して給湯・空調などに利用する発電併給システム。




企業理念(企業使命)

このページのTOPへ